転職の豆知識

転職のタイミング

*転職を考えている人のほとんどは、今の職場への不満があるからです。

 

仕事に対して、「この仕事が好きだ」「この仕事が自分に合っている」と現在の仕事に対して、やりがいを感じている反面、給与面や職場での人間関係に不満を持っている人がいることでしょう。また、想像していたような仕事ではなく、自分には、この職種は合っていないと日々悩む人もいることでしょう。

 

そこで、「転職」するときに大事なのが、自分は本当にこの職場では充実した生き方ができないとか、やりがいを全然感じられないと、強く思っているかどうかです。ただ、飽きたからとか、始業時間が早くて苦手だとか、自分の中の甘えからくる「転職」願望でないか、再度確認してみましょう。

 

*「転職」を決断するきっかけについて書いてみましょう。

 

①人間関係 

人間関係が上手くいかないと、仕事をする上で大きなストレスになりなり、退職を決断する大きな要素になります。このような状態にあるとき、今している仕事の「やりがい」と人間関係の「ストレス・辛さ」を天秤にかけてみましょう。重たいほうを優先させると良いと思われますが、人間関係は、努力次第で好転する場合もありますから、もし人間関係が重い場合は、まず人間関係の改善を努力してみるのも一つの方法だと思います。また、人間関係の問題は、転職することで解決するとは必ずしも言えないですし、すぐ転職先が見つかる保障はどこにもないので、そのリスクを考えて決断しましょう。

 

②仕事内容に満足していない

自分がしたい仕事と異なったりするのは、自分の持っているスキルにみあった仕事内容でないというストレスがあります。また、仕事が忙しすぎる場合もあるでしょう。高い需要の多いスキルをもっていれば転職によって、自分の希望に見合った仕事に就くことが可能と思われますが、まずは職場内での異動ができないのか、自分のスキルはこういうものがあるのだ、仕事の分担などと、上司に相談してみる方法もあります。

 

③労働待遇が良くない

今日の現状を考えると、残業や休日出勤がない会社というのはほとんどないように思われます。残業・休日出勤は必ずあるという前提で、仕事についてのやりがい、給与面などを考えてみるのは大事かもしれません。

 

④労働にみあった給与でない

会社運営がかんばしくなく、休日出勤・残業をしても給与にすべて反映されない場合もあるでしょう。給与の評価が、年功序列型なのか、実力主義なのかで、給与に対する不満・納得度は変わってきますが、転職することで、今よりも高い給与を得るとなると、実務経験とスキルの高さが問われることでしょう。それが充分でないと、転職しても給与面・待遇面が以前より悪いということにもなりかねませんので、自分の能力では、どれくらいの給与が妥当なのか、ということも把握しておくことは大事でしょう。

*いざ、仕事を退職する場合、退職しますといてすぐに退職はできるわけではありません。会社の手続きや仕事内容の引継ぎ、本人の金銭的な環境などを考慮する必要があります。ですから、退職するタイミングは、極力周囲の方に迷惑をかけないように慎重に決める必要があります。