転職の豆知識

■面接の心がけ

*いよいよ気に入った職場の面接を受けるときの心がけについて、書いておきたいと思います。面接は、雇用する側に自分を売り込む最大のチャンスです。このチャンスを逃がさないようにしましょう!

 

①服装とマナー

*面接の服装は、やはりスーツ着用が好ましいものです。スーツに汚れやひどいシワがないか、事前にチェックしましょう。また、つめや髪の毛は伸びていないか、アイロン掛けしたシャツなのか、靴を磨いているのか、ハンカチ・ティッシュは持っているか、など相手に不快な思いをさせないというマナーの気持ちをもってのぞみましょう。

 

②話すときには、相手をきちんと見る

面接は誰もが緊張してしまいますが、相手の方に不快な思いをさせない、という心構えで、相手の目をまっすぐに見て、なぜ面接を希望したのか、堂々と話すことが大事です。

 

③ハキハキ話す

面接官から質問を受けることも多いのが面接です。そのときには、急いで返事を焦らず、落ち着いて一つ一つに丁寧に明瞭に答えるようにしましょう。

 

④積極さをアピールしよう

なぜこの企業の面接を受けたのか、この企業で自分がしたいこと、やりたいことをアピールしましょう。面接官には、「この会社で働きたい」という積極的な印象を与えることが大切だからです。積極的な印象は、身振り・表情からも伝えることができますから、言葉もハキハキと好印象を与えるよう努力しましょう。

 

⑤嘘をつかない

面接官に好印象を与えたいがために、話しを誇張したり、知らないことをさも知っているようにするのも、後でボロがでてしまいますから、嘘はつかない、正直に話しをしましょう。分からないことは分からないと正直に答える方が、かえって誠実な印象を与えて、良い結果になります。

 

*面接を受けるときには、かなり緊張してしまいますから、事前にこれだけは「会社に伝えたい自分の気持ち」というものを言葉にして覚えておくのも良いでしょう。それは、心から思っていることであれば、相手にあなたの熱意が伝わるものだと思います。