職種の豆知識

■金融系

*金融は保険、資産運用、商品先物取引、ローンなどのコンサルティング業が主です。この系列の企業では、企画営業、商品提案、マネジメントが主な仕事となってきますから、人と接することと、どんな場面でも落ち着いて対応できる能力のある人に向いていると言えるでしょう。

 

*金融などの幅広い知識を活かし、顧客に合ったマネープランを提案する、ファイナンシャル・プランナー(FP)などの資格を取得しておくと就職に役立つでしょう。

 

*トレーダーは、株や債権の動きをつかみ、投資家に適切な情報を提供する仕事内容です。顧客との対応、瞬時に判断する能力が求められます。(社)日本証券アナリスト協会主催の証券アナリストの資格があります。試験は1次試験と2次試験があり、経済、財務分析などの専門知識が問われ、海外の株式・債券を扱うケースも多く、語学力も必要となってきます。

 

*証券外務員は、有価証券売買の勧誘など、証券に関する営業活動を行う職種ですが、この場合も顧客との応対、証券情報の速さ・的確さを求められます。顧客は、証券売買によって利益をあげたいのですから外務員の助言は重要になってきます。ですから、二種証券外務員の資格を持つと良いでしょう。

 

*IRプランナーは、株式会社が投資家に対して行う広報活動のことをIR(Investor Relations)といいますが、資本市場や企業の分析、さらに情報開示やIR活動に関する知識を持ち、企業のIR活動を計画・運営する専門家のことです。

 

*税理士は、企業や個人事業者の法人税や事業税、所得税の申告など、税務関連の業務を代行しますが、事務処理的な会計業務の依頼よりも、税務コンサルティングの依頼が増加してきているようです。さらに、経営の資金繰りや資産運用、経営戦略などを税務面からアドバイスするような、経営コンサルタント的な役割を果たしてきているようです。独立開業できます。

 

*公認会計士は、企業および各種法人の監査証明業務を独占的に行うことができる、財務の専門家となっています。企業・法人が公表する経理書類などの内容が適切かどうか、第三者の立場に たって監査・証明をします。また、証券市場での不正を監視することも業務の一つとなっています。このほか、財務に関する調査、立案、会計指導、経営コンサルティング業務など、幅広く活躍しています。独立開業している人が多い業種です。

 

 

(資格と仕事.net参照http://www.shikakutoshigoto.net/)