職種の豆知識

■医療系

*不況に強いのが医療系の職場だとも言われています。ですが、この職種に就くためには、資格が必ず必要となってきます。またスキルアップしたくとも、試験だけではなく、現場での経験も必要とされます。医療系は、難易度も高い場合が多いですが、その分、雇用状態も給与も安定したものと言えるでしょう。

 

*社会福祉士・ソーシャルワーカーとは、日常生活に支障がある人とその家族を対象に、福祉施設や補助金制度、ホームヘルパーの派遣などのさまざまな相談に対応したり、適切な福祉サービスを受けられるように助言や援助を行う業務内容となっています。社会福祉原論、老人福祉論、心理学や法学など幅広い知識が必要となってきますが、資格がなくてもソーシャルワーカーとしての仕事に就くことはできます。ですが、社会福祉士として就業する場合、社会福祉士の国家資格が必要です。

 

*ケアマネジャーとは、2000年4月の介護保険制度施行にともなって設置された専門職です。介護支援専門員ともいいます。寝たきりや認知症などで介護を必要とする人やその家族からの相談に応じたり、適切な介護サービスを受けられるよう、個々の事情に合ったケアプランを作成したり、また、その後のフォローをする業務内容となっています。さらに、各関係機関との連絡・調整も行うことも大事な業務の一つです。要介護認定・要支援認定、保健医療サービス、福祉サービスなどに関する専門知識に加え、ケアマネジャーの資格を取得しないといけません。

 

*介護保険事務とは、2000年4月にスタートした介護保険制度にあわせて、介護保険に関する事務処理をこなすエキスパートのことです。介護保険制度の仕組みや、介護医療に関する知識をもち、給付管理業務や介護報酬請求事務などの事務処理が業務内容となっています。職場によっては、受付業務なども担当します。医療事務全般の知識に加え、介護保険制度、介護レセプト作成、介護報酬請求などの知識と技能が必要となってきます。転職するならば、複数の団体が独自に資格制度を設けている資格を取得したほうが良いでしょう。

 

*介護福祉士とは、日常生活に支障のある高齢者や身体障害者に対し、食事、入浴、排泄、外出など生活面の手助けをしたり、話し相手をすることで精神面のケアを行うのが主な業務内容です。本人や家族への介護指導も重要です。社会福祉、老人福祉、リハビリテーションなどの専門知識と、介護技術を身につけ、介護福祉士の国家資格を取得した方がよいでしょう。

 

*精神保健福祉士とは、精神科の分野でソーシャルワーカーとして働いています。精神に障害をもつ人やその家族が抱える生活上の悩みに対して相談にのり、社会復帰に関する助言や指導を行っています。また、日常生活への適応に必要な訓練の実施、関係機関との連絡や調整をおこなったり、各種給付制度の案内など、仕事内容はかなり広くなっています。精神医学、精神保健学、精神科リハビリテーションなどの専門知識が必要です。さらに精神保健福祉士の国家資格も取得しておくべきでしょう。一般大卒者の場合、専門学校で1年以上学べば、精神保健福祉士の国家試験の受験が可能となっています。

 

 

(資格と仕事.net参照http://www.shikakutoshigoto.net/)